肩こり・四十肩・五十肩・寝違い

あなたの肩こりチェック!!

  • 読書が好きだ。
  • 仕事がデスクワークだ。
  • パソコンを長時間する。
  • 運動はあまりしない。
  • なで肩である。
  • ゲームが好きだ。
  • 洋服が重たい。
  • 枕・布団が合わない気がする(寝つきが悪い)。
  • 最近ストレスや悩み事が多い。
  • 運転を良くする。
  • テレビを見ることが多い。
  • 目が悪い。
  • 会社や家で冷房の温度が低い。
  • 自分で首をボキボキ鳴らす。

背骨の構造と肩こり症

背骨の構造と肩こり症

人間の背骨は、頭蓋骨の下から骨盤までつながっており、その部位によって「頸椎(けいつい)」「胸椎(きょうつい)」「腰椎(ようつい)」に分けられます。

これらの骨は、それぞれが一直線に連結しているのではなく、「生理的彎曲」という、横から見ると「ゆるやかなS字カーブ」を描いています。

この生理的彎曲がなく一直線の人にも肩こり症が多いといわれています。

肩こり症(頚腕症候群)

肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは「筋肉の疲労」と「筋肉への血行不良」によるものです。

デスクワーク等による「長時間での同じ姿勢」、これに伴う「不良姿勢」「机と椅子のアンバランス」「不良姿勢による血流障害」など、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづけ、それ以外の筋肉への血液の循環障害がおこり”その結果が肩こりの原因としてあらわれます。

四十肩・五十肩

中年以降に発症する。肩の痛みと運動制限を主とするもので、加齢による筋力の低下と衰えなどが原因である。

痛みは肩部に生ずるが腕の方まで痛みを訴える事もある。主として鈍痛。夜間や冷えた時などに痛む事が多い。

動きとしては髪をとく時や電車の吊革を持つ時、手を後ろに回す時などに痛みが出現します。四十肩とは40代のひとがこの症状になった時の呼び方で、五十肩は50代のひとがこの症状になった時の呼び方で症状は同じです。